小澤 雅人

Masato Ozawa - official website -

小澤雅人

【プロフィール】
映画監督・映像クリエイター・脚本家(フリー)1977年生
映像テクノアカデミア映画学科映画映像編集クラス卒業(2004/03)


長編第二作『風切羽~かざきりば~』 (監督/脚本/編集)が第14回全州国際映画祭(韓国)のインターナショナル・コンペティション部門にノミネートされ、作品賞にあたる「Best Picture Prize」を受賞。同作は全国16館で劇場公開され、大きな反響を呼んだ。長編第一作『こもれび』(監督/脚本/編集)は世界10大映画祭のひとつ、第14回上海国際映画祭(中国)等に正式招待されている。児童虐待や機能不全家族、若者のホームレスといった切実な社会問題をテーマに映画を描き続けている。



【活動略歴】

1977年生まれ。某テーマパークでショーに出演しながら映画学校に通い、映画制作を学ぶ。

2005年、日独若手映画人交流ワークショップにて、ドイツ人映画監督Florian Gallenberger氏より、メソッド理論に則った映画演出技術を学ぶ。

2006年製作、あらすじだけの台本、リハーサルを重ねた即興演技で若者のホームレスの実体を丁寧に描いた短編映画『hard cold greenhouse』がドイツの第18回ドレスデン国際短編映画際に正式招待され、国内でも複数の映画祭で入選。

2007
年製作、様々な悩みを抱えた客に、花の持つ意味や花言葉でその悩みを解決するという花屋を舞台にした短編シリーズ『Flowers』(docomo/au 携帯ドラマ・Vision Cast)の監督・脚本を務める。
2009
年製作、飯田譲治監修、加藤和樹主演、引きこもりのダメ男が寿司職人を目指し、疎遠になっていた母親に寿司を握るという内容の短編オムニバス映画『最高でダメな男・築地編~Tsukiji流~』で商業映画監督デビューを果たす。

2010
年製作、福島県を舞台に、父親の介護疲れが引き起こした過去の悲劇を引きずるペンションオーナーの男と、居場所を失い、そのペンションに住み込みで働くことになった女子大生の心の交流を繊細に描いた初の長編映画『こもれび』(英題:A Warm Ray of Light/ 監督・脚本・編集)が世界10大映画祭の一つ、第14回上海国際映画祭(中国)や、第6回カメラジャパンフェスティバル(オランダ)、第6回ライデン国際映画祭(オランダ)等に正式招待される。


2012 年製作、児童養護施設から脱走した少女、サヤコ(秋月三佳)と、もう一人の自分を探し続ける不思議な少年、ケンタ(戸塚純貴)の一夜の逃避行を描いた中編映画「風切羽」(48min ver.)が第20回サンティアゴ国際短編映画祭(チリ)、第3回ペロポネソス国際映画祭(ギリシャ)コンペティション部門に正式招待される。


2013年、中編映画「風切羽」(48min ver.)に前章譚を追加した長編映画「風切羽〜かざきりば〜」(88min)を完成させる。同作は、世界中からクオリティの高い芸術作品を選出することで名高い、第14回全州国際映画祭(韓国)のインターナショナル・コンペティション部門にノミネートされ、作品賞にあたるBest Picture Prize」を受賞。その他、第21回レインダンス映画祭(イギリス)や第15回ソウル国際ユース映画祭(韓国)にも正式招待される。国内では池袋シネマ・ロサほか全国16館で劇場公開され、大きな反響を呼んだ。


最新作は性暴力被害を通じて人間の原罪と贖罪を描く「月光」(2016年6月11日公開)。   

その他、ネットムービー、プロモーションビデオなども多数手がけている。



 

上映/受賞歴

14回 全州国際映画祭(韓国)インターナショナル・コンペティション部門

     作品賞(Best Picture Prize)受賞

第14回 イマジンインディア国際映画祭(スペイン)ベスト・ショートフィルム受賞

第21回 レインダンス映画祭(イギリス)正式招待

第15回 ソウル国際ユース映画祭(韓国)正式招待

第14回 上海国際映画祭(中国)正式招待

第06回 カメラジャ パンフェスティバル(オランダ)正式招待

第06回 ライデン国際映画祭(オランダ)正式招待

第18回 ドレスデン国際短編映画祭(ドイツ)正式招待

第20回 サンティアゴ国際短編映画祭(チリ)正式招待
第03回 ペロポネソス国際映画祭(ギリシャ)コンペティション部門正式招待

第03回 シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビジョン入選

第05回 CON-CANムービーフェスティバル入選

第03回 札幌国際短編映画祭オフシアター入選・・・その他



 

Masato Ozawa

<Profile>

Director/Screen writer/Director of Photography/Editor(Free-lance)Born in 1977


Ozawa’s second feature film, “Remiges” (Director / Writer / Editor) was nominated for the International Competition at the 14th Jeonju International Film Festival (South Korea), and won the "Best Picture Prize" award. “Remiges” was released in sixteen theaters across Japan and created a huge response. His first feature film “A Warm Ray of Light” (Director / Writer / Editor) was an official selection at the 14th Shanghai International Film Festival (China), one of the world's 10 largest film festivals. Ozawa continues to depict compelling social issues such as child abuse, dysfunctional family and young homeless as the center of his work.



<Activities>

2004, graduated Techno Academia film school, film editing class.

2005, participated in a workshop for German and Japanese young filmmakers.

2006, The short film "hard cold greenhouse" was officially selected for the Filmfest Dresden - International Short Film Festival, and some Japanese film festivals.

2011, 1st feature film "A Warm Ray of Light" was officially selected to the 14th Shanghai International Film Festival and the 6th Camera Japan Festival and also the 6th Leids international Film Festival.

2013, 2nd feature film "Remiges" won a "Best Picture Prize" at 14th Jeonju International Film Festival, and it was officially selected to 21th Raindance Film Festival (UK) , 15th Seoul International Youth Film Festival (South Korea). 

And the middle length version of "Remiges" was officially selected to the 20th Chilean International short film festival and the 3rd Peloponnesian International film festival (competition selection).



 

 Screening/Award

The 14th Jeonju International Film Festival (South Korea) "Best Picture Prize"

The 14th Imagineindia International Film Festival (Spain) "BEST SHORT FILM"

The 21th Raindance Film Festival (UK) Official Selection

The 15th Seoul International Youth Film Festival (South Korea) Official Selection

The 14th Shanghai International Film Festival (China) Official Selection

The 06th Camera Japan Festival (The Netherlands) Official Selection

The 06th Leids international Film Festival (The Netherlands) Official Selection

The 18th Filmfest Dresden - International Short Film Festival (Germany) Official Selection

The 20th Chilean International short film festival (Chile) Official Selection
The 3rd Peloponnesian International film festival (Greece) competition selection

The 03rd Cineastes Organization Osaka Exibition (Japan) selected for the 'Open Competition Section'

The 05th CON-CAN Movie Festival (Japan) Official Selection

The 03rd Sapporo International Short film festival (Japan) Off Theater Selection…etc.