小澤 雅人

Masato Ozawa - official website -

+++ Feature Film (2nd) +++

風切羽 ~かざきりば~ Remiges

第14回 全州国際映画祭(韓国)インターナショナル・コンペティション部門
作品賞 -Best Picture Prize- 受賞

第21回 レインダンス映画祭(イギリス)正式招待

第15回 ソウル国際ユース映画祭(韓国)正式招待


ABOUT THE MOVIE
歪んだ愛と暴力が、わたしの羽を切り落とした―


「風切羽」とは鳥の両翼の後縁にあって、飛ぶ時に風を切る長くて強い羽毛のこと。インコをペットとして飼う場合、飼い主によってはインコが飛んで逃げてしまわないように、鳥が飛ぶときに一番重要な『風切羽』をハサミで切り落とす。いわば人間のエゴによって鳥の体の一部を傷付け、自由を奪うのである。


言うことを聞かない我が子を力で押さえつける「しつけ」という名の体罰がある。これは度が過ぎると「虐待」であり、鳥かごならぬ家庭という密室で不適切な扱いを受け続ける。虐待を受けた子どもは実際にどういう経験をするのか。そして子どもの頃に負った傷は、大人になってどういった影響を及ぼすのか・・・。


監督は、若者のホームレスや機能不全家族といった切実な社会問題をテーマに映画を描き、初の長編映画『こもれび』が上海国際映画祭などの海外映画祭に招待され評価を受けた小澤雅人。本作でも綿密なリサーチを行い、過去に虐待を受けた若者が負った傷、悩みや葛藤を、独特な世界観の中で表現。説明的な要素を排除し、疾走感のある演出で彼らの心理を繊細に描写した。


主演のサヤコを演じるのは、映画・テレビで活躍中の新進俳優・秋月三佳(あきづき・みか)。サヤコが出会う不思議な少年ケンタを戸塚純貴(とづか・じゅんき)が演じ、それぞれが捌け口のない鬱屈した感情を瑞々しく演じている。そしてわが子を愛せない母親役を川上麻衣子が演じ、その確かな演技力で物語の芯を支える。他にも実力派俳優が顔を揃え、物語にリアリティと厚みを出している。

http://kazakiriba.com/


SYNOPSIS

誰からも愛されたことのない少女は、それでも愛を求めてさまよい続ける


実の母や姉から激しい虐待を受けていたため児童養護施設に措置されているサヤコは、現在高校3年生。施設の窮屈な暮らしに嫌気がさしたサヤコは、施設から逃げ出し、久しぶりに母と暮らしていたアパートを訪れる。だが母はサヤコを拒み、家の中に入れてくれない。

居場所をなくしたサヤコは、行く宛もなく夜道を彷徨う。その道すがらサヤコはケンタという不思議な青年に出会う。彼は自転車で街を徘徊し、道行く人々に「僕の事、知りませんか?」と訪ね続けていた。ひょんなことからケンタの自分探しの旅に付き合うことになったサヤコ。夜の街を自転車で駆け抜ける二人の旅路は、紆余曲折を経て、とある事件を引き起こすのだった。


CAST

秋月三佳  戸塚純貴

川上麻衣子 重松 収  / 石田信之  五大路子

寺田有希  佐藤 太 川口貴弘

石川龍馬 山崎登月 葉山 昴 小川正彦 芳賀めぐみ

樋口 舞 岸田瑛音 中島愛花里 澤田奈歩 川原侑女 山本真理奈 峯 春花 ほか

STAFF

エグゼクティブプロデューサー:大勝ミサ

プロデューサー:近貞 博

アソシエイトプロデューサー:片岡 稔 田中一男

キャスティング:宮前寿美子

撮影監督:藍河兼一

録音:二階堂裕之 助監督:佐藤 亮

制作:永尾啓太朗 ヘアメイク:升水彩香  スタイリスト:鶴田 恵

スチール:佐山幸弘  整音:北摂サウンドプロダクション

音楽:洞澤 徹・The Bookmarcs

特別協力:ビデオサロン編集部玄光社

制作:サンブリリアント

制作協力・配給:アルケミーブラザース

製作・著作:「風切羽」 製作委員会(サンブリリアント・アルケミーブラザース)

脚本・監督・編集:小澤雅人

C)2013「風切羽」製作委員会



Remiges


The 14th Jeonju International Film Festival (South Korea) "Best Picture Prize"


The 21th Raindance Film Festival (UK) Official Selection

The 15th Seoul International Youth Film Festival (South Korea) Official Selection



+++Synopsis+++

A girl, Sayako, who lives in afostering facility runs away to see her mother where they lived together, onlyto get turned away by her. Having nowhere else to go, shewanders the night. While wandering, she meets a peculiar boy named Kenta. Herides his bicycle around town asking people if they know who he is.

Sayako ends up with Kenta onhis journey to finding himself. Both that have lost their self="identity" rides through the neon flashingsleepless Tokyo. Aftergoing through their little journey, eventually the sun rises and they reach anunexpected ending. Whenyou own a parakeet, the owner will cut its most important wing for flight, theremiges, so that it will not escape. Therefore, the bird’s freedom is takenaway because of human ego. 

Astory of a night of a girl and a boy that had their “Remiges” taken away, justlike a little parakeet.



+++About the movie+++

Director, Masato Ozawa’s firstfeature film “Komorebi-A Warm Ray of Light-“ was invited to international filmfestivals such as Shanghai International Film Festival. He has left out theexplanatory elements and brought in a runaway-kind-of-feel to his newestcreation.  Actors are an up andcoming television and film actors, Mika Akizukiand Junki Tozuka. Their performance of gloomy young teens wasexecuted very vibrantly. Maiko Kawakami plays the mother who cannot love herown child so precisely which creates the core of the story line.



Director:Masato Ozawa

Written & Edited by: Masato Ozawa

Actors: MikaAkizuki/ Junki Tozuka/Maiko Kawakami/Osamu Shigematsu/ NobuyukiIshida/ Michiko Godai/

Yuki Terada/ Futoshi Sato /Takahiro kawaguchi

Produced by: SunBrilliant Co.,Ltd.

Executive Producer: Misa Okatsu

Producer: Hiroshi Chikasada

Casting: SumikoMiyamae

Director of Photography: Ken-ichi Aikawa

Recording Engineer: Hiroyuki Nikaido

SoundEdit: Hokusetsu SoundProduction

Music Score: Toru Horasawa

County of production: Japan


(HD 88min/2013/03)



+++ Middle length  Film  +++

風切羽 ~かざきりば~  Remiges(48min ver.)

第20回サンティアゴ国際短編映画祭(チリ)正式招待

第03回ペロポネソス国際映画祭(ギリシャ)コンペティション部門正式招待


CAST

秋月三佳/ 戸塚純貴/ 川上麻衣子/ 石田信之/ 佐藤太 / 川口貴弘/ 石川龍馬/ 他


STAFF

監督: 小澤雅人 / 脚本&編集: 小澤雅人 / 製作: サンブリリアント / エグゼクティブ・プロデューサー: 大勝ミサ / キャスティング: 宮前寿美子 / 撮影監督: 藍河兼一 / 録音: 二階堂裕之 / MA: 北摂サウンドプロダクション / ヘアメイク:升水彩香 / 楽曲: 洞澤徹 / 他



Remiges (48min ver.)


Director/Screenwriter/Editor: Masato Ozawa

Actors: Mika Akizuki, Junki Tozuka, Maiko Kawakami, Nobuyuki Ishida, Futoshi Sato
Producer: Misa Okatsu

Casting: Sumiko Miyamae

Director of Photography: Ken-ichi Aikawa

Music: Toru Horasawa


The 20th Chilean International film festival Santiago (Chile), Official Selection

The 03rd Peloponesian International film festival (Greece), Competition section


(HD 48min/2012/07)



+++ Feature Film (1st) +++

こもれび A Warm Ray of Light

2011年9月16日~10月5日開催
カメラジャパン・フェスティバル(オランダ)にて招待上映
http://www.camerajapan.nl/2011/films_01.html

映画「こもれび」英題『A Warm Ray of Light 』


2011年6月11日~19日開催
第14回上海国際映画祭、パノラマ部門(中国)にて招待上映
http://www.siff.com
映画「こもれび」英題『A Warm Ray of Light 』
※国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の長編映画祭で、世界12大国際映画祭の一つ。パノラマ部門は、さまざまなジャンルと世界の映画の最新作を紹介する非コンペティション部門で、毎年約80カ国2500作品の中から、ジャンルを問わず優秀な作品を選定し上映している。


ABOUT THE MOVIE

自主映画『こもれび』2010年度作品
この作品は、福島県白河市、西郷村、下郷町、栃木県那須塩原市にて地域の方々のご参加ご協力により撮影が行われた。テーマは親と子の絆、その絆にまつわる映像詩。ストーリーは、家族関係に悩む女子大生アルバイトと暗い過去を持つペンションのオーナーとの心の交流を軸に展開。阿武隈川源流など風光明媚な景観や美しい街並み、大昭和祭りなどのイベント等が、作品に彩りを添えています。
監督は新人の小澤雅人。主演には我妻三輪子と根本博成、地元からは監督面接を勝ち抜いた西郷村在住の近藤雄大らが出演。

SYNOPSIS

慣れない東京での一人暮らしで、心を閉ざし気味になった女子大生の美咲は、春休みを利用して一年ぶりに福島県に帰郷する。しかし突然帰ってきた美咲を母は迎え入れず、家にも入れてくれない。友達もつかまらず泊まる場所もなくなり困った美咲は、住み込みの短期アルバイト募集を見つけ、ペンション「木洩れ日」を訪れる。そこから、優しくて頼りがいのあるパートの絹代と、何故かずっと塞ぎ込んでいる経営者の吾郎との奇妙な共同生活がはじまる。
家族の絆を失いつつある美咲、深い闇を背負う吾郎、二人の運命は少しずつ揺れ動いていく. . . . 。

CAST

出演:我妻三輪子/根本博成/原千果子/光武蔵人/いわいのふ健/近藤雄大/成田浬/村松恭子/大久保鷹  他

STAFF

製作総指揮:根本博成/プロデューサー:川久保政幸/監督:小澤雅人/脚本:小澤雅人・根本博成・川久保政幸/撮影監督:加藤隼介/録音:松原安穂/チーフ助監督:宮原寛/音楽:洞澤徹/衣裳:国際ビューティ・ファッション専門学校・松浦佳奈(教員)/メイク:小菅美穂子/スチール:水谷綾子/制作:石田徹弥・平林亜子
キャスティング協力:清水一夫/監督助手:吉田真由香・福井秀策/撮影・照明助手:二宮英之・長谷川卓也/録音助手:佐直輝尚/衣裳・メイク助手:国際ビューティ・ファッション専門学校生徒

エリアコーディネーター:十文字宏之・柿沼祥子・遠藤博己・近藤勝人/山岳ロケコーディネーター:大高紀元
方言指導:和知健明/料理指導:丸山武彦/釣り指導:佐藤勝義/焚き火指導:小林進

企画・製作:福シネマ
特別協賛: ホテル&コテージ白河関の里
協力団体: (社)白河青年会議所 平成22年度 大昭和祭り実行委員会/白河シネマパラダイス運営委員会/那須フィルムコミッション/
白河菓匠大黒屋 共楽庵/ヨンニチ会/国際アート&デザイン専門学校/国際ビューティ・ファッション専門学校



A Warm Ray of Light


+++Synopsis+++

Misaka is living a lonely college life in Tokyo and during her month long spring break decides to go back home to Fukushima. Going home without notice, she is surprised her mother won't let her in their home and won't even let her through the door. Wandering around Fukushima looking for a place to sleep she comes across a small hotel called Komorebi looking for a live-in worker. As she moves in, she gets to know the strange and traumatized owner Goro. While she learns about her situation with her mother and about Goro's troubled past their lives start to cross paths.


FukuCinema, Japan, 2010, 115 min, HDCAM, Color, English subtitles
Director: OZAWA Masato
Script: OZAWA Masato, NEMOTO Hironari, KAWAKUBO Masayuki
Production: NEMOTO Hironari, KAWAKUBO Masayuki
Camera: KATO Syunsuke
Music: HORASAWA Toru
Distribution: FukuCinema


The 14th Shanghai International film festival (China), official selection

The 06th Camera Japan Festival (The Netherlands), Official Selection

The 06th Leids international Film Festival (The Netherlands) Official Selection


(HD 118min/2010/10)~福シネマ公式サイトより